この映像は視点を動かすと360°体験できるVR動画です。

>>YouTubeの再生リスト

「戦車に乗ってみたい!」

もしあなたがミリタリーファンなら、一度はこんなことを思ったことがあるはずです。
そうは言っても自衛隊に入って機甲科に配属されない限りはその夢は叶いません。

 

 

けれども、VR動画ならそんなあなたの夢を今この場所で叶えてくれます!
今回紹介するのはまさに「戦車に乗るVR動画」。

 

 

ドイツ製のレオパルト2戦車にのって主砲や機関銃をぶっ放す大迫力のVR体験ができちゃいますよ♪

 

 

 

戦車の中はこんな感じ

こちらは戦車の運転席のようす。当然ながら、戦車には窓ガラスがありません。
そのかわりにペリスコープとよばれるのぞき窓があって、そこから外を見て運転することになります。

 

 

ものすごく視界が悪そうですよね。
しかも、思った以上に狭い。これはなかなか大変そうです。

 

 

けれども運転装置はハンドルとペダルがあって、普通の乗用車とそんなに大きな違いは無さそうな感じです。
これならあなたもすぐに運転できるかもしれませんね♪

 

 

 

このレオパルト2戦車は4人乗りの戦車です。戦車長、運転手、砲手、装填手の4人が搭乗します。
こちらは戦車長席のようす。外の様子を見るためののぞき窓や、謎の液晶画面などが見えます。

 

 

そして頭上にはハッチがあり、これが出入り口であるとともに、戦闘中にはこのハッチから頭を出して外の様子を見たりすることもできるようになっているようです。

 

 

 

こちらは装填手の席です。
装填手は主砲の砲弾を大砲に装填する役割があります。
戦車のもっとも強力な武器はもちろん主砲なので、装填手も重要な役割を担っているわけですね。

 

 

それにしても、この砲弾かなり大きいですね。
しかも、なんだか先に針のようなものが付いていて特殊な形をしています。

 

 

それもそのはず。レオパルト2戦車に搭載されている主砲はラインメタル社製の120mm滑腔砲。
砲弾もまるで丸太のような太さになるわけです。

 

 

このVR動画では、装填手が主砲に砲弾を装填する様子も見られますよ。

 

 

 

戦車には2つの武器がある

こちらはレオパルト2戦車に搭載されている120mmの主砲です。
めちゃくちゃ太いですね~!

 

 

この視点から主砲を発射する様子も見られますが、ものすごい迫力です!
敵の戦車をスクラップにしてしまうほどの破壊力をもつ、強力な武器です。

 

 

 

こちらは車体上部のハッチの横に据え付けられた機関銃です。
この機関銃は7.62mmの銃弾を1分間に1,150発も発射できる凶暴な武器であります。

 

 

これは主にヘリコプターなど、戦車の上空を脅かす敵を撃ち落とす目的があるため、車体上部に装備されているわけですね。
さすがの軍用ヘリコプターも、こんな機関銃で撃たれるとひとたまりもないでしょう。

 

 

ただ、基本的には戦車の天敵はヘリコプターであることも事実です。
もし天敵が襲来したときに追い払えるほうに、このような装備があるわけですね。

 

 

 

VRで戦車に乗る体験をしてみてください

普通に生活していたら一生乗ることがない乗り物。
まさに非日常の乗り物が「戦車」です。

 

 

そんな乗り物でもVRなら、本当に乗っているかのような体験ができます。
本当にこれはVRならではの楽しみ方ですよね。

 

 

ぜひ、VRゴーグルとイヤホンを付けて、迫力満点のレオパルト2戦車に乗ってみてください♪